保育園児含む兄弟が、自分たちの小遣いを出し合ってマスクを手作り 市に寄贈

  
 2020年6月10


小2が糸切り、園児は検品 お小遣いでマスクつくり寄贈


川越市立霞ケ関中1年の高瀬未来(みらい)さん(12)と霞ケ関小2年の愛生(あいな)さん(7)、保育園児の清正(しょうま)くん(5)の3人





  このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

更新通知